ビーファット服用とトマトジュースとビールの併用効果

ビーファットは、食べても脂肪が付きにくい肥満治療薬です。主成分のオーリスタットがリパーゼと結合すると、脂肪の分解が妨げられます。これによって食事で摂取した脂肪分の30%を吸収しないで体外に出すことができます。ビーファットは食欲に作用しないで、脂肪の吸収のみを抑制するため、ダイエット中にイライラしないというメリットがあります。またビーファットと併せて食事を見直すと、理想的な体重に近づくことができます。そこでおすすめなのが、トマトジュースです。トマトにはリコピンやペクチンという食物繊維が豊富に含まれています。便秘が解消されて、腸内環境が整うと新陳代謝が向上して、脂肪を燃焼しやすくなります。リコピンには高い抗酸化作用があるため、ダイエットしながら美肌を手に入れることが可能です。しかし毎日トマトを食べることは困難です。そこでトマトジュースとして栄養を補給すると、手軽に続けられます。トマトジュースは就寝前に飲むのが良いです。寝ている間にダイエットに重要な成長ホルモンが分泌されるため、リコピンが加わることでさらに代謝をアップできます。また適量であればお酒を飲むことができます。ビールはその栄養価の高さから、かつては「液体のパン」と呼ばれていました。ビールは太ると一般的にイメージされますが、ビールのカロリーの3分の2はアルコールによるもので、他のお酒と比べてずば抜けてカロリーが高いわけではありません。ビールのカロリーはエンプティカロリーで、優先的に消費されるものです。太る原因はおつまみにあります。ビールは炭酸ガスが腸を刺激して便通を良くしたり、ビタミンB2が脂肪の燃焼をサポートしたりするので、ダイエット中のお酒に適しています。